HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

どんぐりを植えようワークショップ

 

長野県の一番奥。 新潟県との県境に小谷村があります。 今の季節は雪がたくさん降る地域です。

雪が降ると芽を出してすぐの木は雪の重みで曲がってしまいます。 そしてその木はそのまま大きくなり、根っこが曲がったまま上へと成長します。

木は建築用材として使うには難しく、お金にもなりません。

 

それでも木は木です。
どうやったらこの木を使えるかな?

建築用材として使用したお宅もありますし、薪小屋キットとして販売したりもしています。

 

でももっともっと使い、そしてこうした木があることを多くの人に知ってもらいたい。

今回はデフのわくわくさん(知ってる人、少ないか。)であるげんきくんにお願いして、木の鉢植えを作ってもらいました。

 

去年の夏に試作して、どんぐりを植えてみると知らないうちに芽がでて大きくなっていました。

 

 

これならきっと都内でもできるはず!
植えて、みんなに持って帰ってもらって、おうちのベランダで育ててもらいたい。
そしてある程度の大きさになったら、この鉢植えの木の故郷である小谷村に持っていき、植林をするツアーが組めたら、みんなもどんなところか知る機会になって面白そう!
小谷村まで来れる人は多くないかもしれないけれど、動画なんかでこんなところですよ〜ってお話できれば、知るきっかけにもなるね!

・・・・

 

アトリエデフさんの、自然と文化をつむぐワークショップ。
カフェスローからは、いつもの季節野菜をふんだんに使ったお弁当をご用意させて頂き、少しお話しもさせて頂く予定です。

山や森のこと、自然のこと、食のこと。

いろんなことを考えられる1日になりそうです。

 

 

■日 程 2018年03月25日(日)10:30〜13:00
■定 員 8組
■持ち物
・汚れてもいい服またはエプロン
・はんかち
・マイカップをご持参ください
■参加費 1ポット1600円(1つの鉢植えと1人分のランチ、飲み物付き)
追加でランチをご希望の方は一つ864円で追加可能です。

 

《カフェスローのランチボックス》
自然の恵みたっぷりのオーガニックランチボックス。
玄米ごはん、主菜、季節のデリ2種類のセットです。

*写真はイメージです。当日のメニューは異なりますのでご了承ください。


■予約方法・お問合せ 
arai@a-def.com 新井まで。

■その他
食べ物にアレルギーのある方はお申込みの際にご連絡ください。

 

■主催

アトリエデフ こちら

 

 


『1からつくる、自家製キムチ』

 

美しく、ダイナミックで新しくて、でもどこかホッとする味を紡ぐヤスダ屋。好奇心と探求心、そして遊び心を忘れない料理人・安田花織さんの本格キムチの料理教室を、白菜が一番おいしい季節に開催します。

 

頻繁に訪問される韓国のお話や、ヤスダ屋ならではのお料理のコツやつぼなども織り交ぜつつお送りするスペシャルな2時間です。

(ヤスダ屋の古巣でもあるカフェスロー。今回は、カフェの定休日のスペースを会場に開催します。)

 

・・・・・

 

お隣の国、韓国の発酵食キムチ。

最近では様々なタイプのキムチが売られていますが
自宅で作れるようになれば好きな食材で自分好みの味に仕上げられます。

 

材料も多くちょっと難しそうですが、
手順さえ押さえてしまえばとても簡単に作れます。

これから美味しくなってくる白菜や大根を使って

キムチ作りのポイントを丁寧に押さえていきます。


ベースが作れるようになると季節の野菜でさっと作れる浅漬けの様なキムチやキムチを作る際、作る合わせ調味料『薬念(ヤンニョム)』を使って様々な料理やタレが作れます。


日々複雑に発酵し変化する不思議なおいしさのキムチを是非を我が家の味に! 



■日 時:2018年1月29日月曜日11:00〜13:00*10分前から受付
■場 所:カフェスロー
■参加費:6500円/材料、お持ち帰りキムチ、軽食付き

■定 員:10名
■持ち物:

エプロン、持ち帰り用容器(1Lくらいの容量のもの)またはジップロックLサイズ、筆記用具、手が荒れやすい人はゴム手袋

 

■特記事項:

*唐辛子を使用しますので、洋服やエプロンは汚れても良いものを着用されることをおすすめします。

*唐辛子やにんにくなど刺激の強い食材を使用するため、お子様の参加は小学生以上でお願い致します。

 

■お問合せ・予約先

ヤスダ屋・安田花織 info@yasuda-shikutan.com

 

■プロフィール
《ヤスダ屋(安田 花織)/料理人》

在日韓国人のおばあちゃんと農家の日本の母の味、
2つの豊かな食文化に触れながら育つ。
高校卒業後食の世界へ。

懐石料理店で和食を学び、
生産者との繋がりや食の循環を伝えるオーガニックコミュニティカフェでのキッチンチーフなどを経て2012年独立。

様々な地域に残る生きた食文化を学ぶ為、各地に足を運びその土地の風土や作り手の思いに触れながら各地で学んだ食文化を伝えるべくケータリング、イベント出店、料理教室など主宰している。

 

・ヤスダ屋オフィシャルサイト:こちら

・発酵コラム『諸国菌食紀行』こちら

 


『屋久島の木+αを磨くワークショップ関東 冬 2018』

 

このワークショップでは、地球上に存在する様々なエネルギーを、 感じて頂きます。
参加者の方々は、自分達にあった『素材(エネルギー)』を選び、 それを磨きます。


素材は、屋久島の木(屋久杉、檜、栂、山桜etc)をはじめ、 北半球&南半球、赤道付近から集められた木、鹿角、鯨牙、 夜光貝などが用意されています。

 

 

現代人は、自分達の内側に、 まだまだ発見されていない才能を秘めています。それぞれの素材を磨くということは、 その中にあるエネルギーを見いだし、輝かせるということ。

 

 

人は、自分の内に眠っている『アート』という光を、 自分自身で輝かせることができます。人のエネルギーが高まれば、 その周囲も素晴らしい波動で包まれます。そして、いずれは、この地球自身のエネルギーを高め、 その波動は全宇宙へと広がっていく・・・


私達は、この肉体をもって、 それを体験するために地球へ集まった存在なのだと思うのです☆
www.moritabi.com
 


■開催日時:2018年2月8日(木)13:00〜16:00

■参加費2000円+材料費1000円〜(屋久島の流木使用/ 屋久杉、ツガ、ヒノ キ、夜光貝など)

 

■申込・問合せ

森の旅人まで

0997-42-3495(転送されます)
メール:morino-tabibito@kpb.biglobe.ne.jp

※ご予約時に必ず「お名前、住所、電話番号、生年月日」を全てお伝えください。

※1月25日〜2月3日まで電話、携帯の電波が届かないところにいますので、ご返信はそれ以前か以降になります。

 

*他会場の開催はこちらから

 

■主催

Art Heal The Heart of The Earth www.moritabi.com 森の旅人 Kenta& Nao

 


親子ワークショップ2017『 こどもスロープレート作ろう! 〜夏野菜編』

夏休みですね。

 

平日にもお休みのある小学生を対象に、季節のお野菜をたっぷり使ったスロープレートをつくるワークショップ。

昨年はこども、おとな共に大変好評いただき、今年も企画します。

 

素敵な農家さんたちのこと、 お野菜丸ごと全てを使い切るお料理とその理由などなど、 カフェスローキッチンが大事にしていることを、お料理しながらごはんを食べながら、少しずつでも、お伝えできたらうれしいです。

どうぞ、親子でお楽しみください!

 

 

*昨年の様子はこちらからどうぞ。


■日時:2017年8月4日(金)10:30〜12:45頃
■参加対象:小学1年生〜6年生ぐらいの親子
*お母さん・お父さんたちとの時間を楽しんで頂きたく、親子参加のみとなります。(こどものみの参加はできませんのでご注意ください。)

■定員:約5組*定員になりしだい締め切りとなります。

 

■参加費:親子1組3,000円   

☆こども一人追加1,500円  

☆含まれるもの:食材料費、資料、ランチ

 

■持ち物:三角巾(髪の毛を覆うもの)・エプロン・お手拭き(作業しながら手を拭くのに使います)

      筆記用具 ほか必要なもの

 

■ご予約

・メール申込み(※前日19:00まで)参加申込フォームからお申し込みください。

・電話:042-401-8505(月曜定休)

 

■お問合せ

 お問合せフォーム

 


『 カカオから手づくりするホンモノのチョコレートづくり♡ 』 〜Happy chocolate time2017

 

製菓用のチョコレートを溶かして固めるだけじゃない!カカオから手づくりする「ホンモノの手作りチョコレート」のワークショップ。カフェスローでの開催も今年で3年目に入ります。

 

原料として使用するカカオマスとココアバターは、インドネシア・パプアの先住民族が、自分たちの森を守りながら経済的自立も果たしたい!という思いで丁寧に育てたカカオ豆からつくられたもの。つくる人も、もらう人も、そして遠くパプアの森に暮らすカカオの生産者も、みんながうれしいチョコレートづくりになること間違いなし。
できあがったチョコレートはお土産にお持ち帰りいただきます。また、当日は、できあがったチョコレートの味見をしながら、チョコレートのイロハやカカオの魅力、パプアについてもお話します。

 

今年は2回開催!講師は、デザートで好評頂いているバランゴンバナナやマスコバド糖でもお馴染み、NPO法人アプラの野川未央さんをお迎えします。アシスタントとして、私たちもご一緒させていただく予定です。

 

カカオから愛あるチョコレートづくり、ご一緒できたらうれしいです。

 

 

*乳製品の取扱について
ビターチョコレート(使う材料はカカオマス、カカオバター、マスコバド糖(=精製していないキビ砂糖)のみです)をメインにつくって、それをおみやげとしてお持ち帰りいただきます。ただ、市販のチョコレートにどれくらいたくさんのミルク(粉乳)と お砂糖が入っているかも知って頂きたいので、ミルクチョコレートも少しつくることにしているため、作業のなかでは粉乳も登場します。そのミルクチョコレートもご希望の方には味見(もしくはお持ち帰り)いただけるようにしています。

❤『 Happy Chocolate Time 2017 』こちら

■日 時:2017年2月3日(金)または10(金)14時〜16時
    *共に10分前から受付


■講 師:野川未央さん(特定非営利活動法人APLA)

■参加費:2,500 円/一人  親子参加 3,500 円
    *試食&おみやげ用チョコレート100g & 1ドリンク付

 
■定 員:10人

    *お子様の参加は作業とお話内容から小学生以上でお願いします。

    *定員に達し次第締切となります。


■持ち物:エプロン、三角巾

 

■予約申込み
メール申込みフォーム
・電話:042-401-8505(月曜定休)

■講師プロフィール
野川未央/のがわみお さん

大学在学中、恩師の影響で、自分たちの暮らしと世界との関わりについて深く考えるようになる2010年から特定非営利活動法人APLAの専従スタッフとして、海外支援事業の東ティモール、日本国内の広報・イベント関連を主に担当。「ホンモノの手作りチョコレート」ワークショップで、これまでに全国100カ所以上をまわり、パプアのカカオの魅力を伝えてきている。

特定非営利活動法人APLA

 

 


<< | 2/4PAGES | >>