HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

初沢亜利写真展〜『隣人。それから。38度線の北』

©初沢亜利

日本にとって「近くて遠い国」と言われ続けてきた韓国&朝鮮。近年韓流やK-POP、日本のアニメや文学作品など互いの文化交流は年々深まり人々の交流を後押ししていますが、朝鮮についてはまだちゃんと知らないまま憶測だけが独り歩きしているのが現状です。

夜スク☆主催・Korea講座の一環として、色眼鏡を外して「ありのままの朝鮮半島を知る」場をつくりたいと思い、昨秋から様々なイベントも開催してきました。
今回は2016〜2018年に撮影した平壌と地方の写真を約50点展示します。金正恩政権下で変わりつつある朝鮮の姿、例えば冒頭のこのカップル写真のように、日本で普通に暮らしているとなかなか目にする機会の無い、ありのままの朝鮮の姿を紹介する写真展。
どうぞゆっくりとご覧ください。
\ギャラリートーク:2019年1月20日(日)14:00〜/
期間中、初沢さんご本人をお招きしてお話を伺います。参加費無料(予約不要)。

朝鮮大学校を含め多くの大学が存在するエリアで、学生たちと「日本と朝鮮の未来」について語り合える場となれば、と思います。

是非お気軽に足をお運びください!

■会期期間

2019年1月18日(金)〜30(水)

*定休日:21(月)、28(月)

 

■開催時間

11:00 - 18:00

※カフェ営業時間がギャラリーと異なりますのでご注意ください。

<カフェ>

平日:火水木金 11:00 – 17:00 (LO16:30)

土:11:00 – 15:00 (LO14:30)

日:11:00 – 18:00 (LO17:30)

 

■作家プロフィール

初沢 亜利/はつざわ あり

1973年フランス・パリ生まれ。

上智大学文学部社会学科卒。第13期写真ワークショップ・コルプス修了。イイノ広尾スタジオを経て写真家としての活動を開始する。日本写真協会新人賞・東川賞新人作家賞受賞。 写真集・書籍に『隣人。38度線の北』(徳間書店)、イラク戦争開戦前後のバグダッドを撮影した『Baghdad2003』(碧天舎)、衆議院議員・福田衣里子氏の選挙戦から当選までを 追った同氏との共著『覚悟。』(徳間書店)、東日本大震災翌日からの1年を撮影した『True Feelings』(三栄書房)。

 

■主催

夜スク☆

知らなかったことを知る喜び、楽しさ。知的な刺激。自分の興味のままに学ぶ時間を持つこと。
そんな贅沢さや尊さは、社会に出て日々の暮らしに追われる生活に身を置く今だからこそ、改めて感じるものでしょうか。

夜スク☆は、そんな時間を取り戻します。
「学び直し」と「学び合い」。専門家や地域の人々、 様々なバックグランドを持つ人々と、共に学び合う「大人の学び場」を作ります。社会に出た今だからこそ見出せる、 新しくて上質な学びの時間。藁と土の開放的な空間でお茶を傍らに。是非ご一緒できればうれしいです。

*夜スク☆はカフェスローとNPO法人国立人文研究所こちらの共催事業です。

*夜スク☆ブログこちら

 


『 grandjete baz qilinの三人展:HENTEKO展覧会 』

 

府中を代表する三人三様な個性派ブランド・ショップによる、ナチュラルでエシカルでPUNKな「自由なわたしたち」をテーマにHENTEKO展覧会になります。

期間中ワークショップも予定しております。

おしゃれなマルシェに飽き飽きした私たちの行き着いた先は、「HENTEKOなことがしたい!」というものこと。

 

怖いもの見たさの変なもの大好きな方は是非遊びにきてくださいね

 

■会期期間:2018年12月7日金曜日〜12日水曜日11:00〜18:00
*10日月曜日は定休日となります。

 

■お問合せ先 qilin.underwear@gmail.com 090-1736-4234

 

■プロフィール

qilin 

https://qilin-underwear.com/ 

https://qilin-underwear.stores.jp/

 

grandjete

http://grandjete.lolipop.jp/

https://www.instagram.com/grandjete1971/

 

baz tools&plants

https://www.instagram.com/baz_natsumi.n/


小西貴士写真展『そらぷちのカケラ〜難病の子どもたちのためのキャンプ場の10年』


山梨県北杜市にある自然と人とまあるくつながり力強い暮らしを実践する「ぐうたら村」。

その管理人のゴリこと小西貴士さんが10年に渡り撮り続けてきた、難病の子どもたちのためのキャンプ場「そらぷちキッズキャンプ」の写真展。

 

■会期期間:2018年12月14日金曜〜19日水曜 11:00〜18:00

 *16日月曜は定休日のためお休みとなります。

 *ギャラリーの入場は無料です。

 

【12月15日土曜開催*トークセッション】※満員御礼。キャンセル待ちです(12/3記)
土曜日夜にはトークイベントの開催も。小西さんが惚れ込んでやまない、そのキャンプの原動力となっているお二人とのトークイベント!

事務局長の佐々木健一郎さんの懐の深さと、医療スタッフの宮坂真紗規さんのまなざしと、東京方面の子どもに関わる皆さんが出会い交わっていただけたら、きっと何かが生まれるはず‼️

トークセッションでは、汐見村長がそらぷちのおふたりと語り合います。ゴリのスライドショーもあります。収益の一部は、そらぷちキッズキャンプへの寄付となります。

詳細こちら

 

■小西 貴士(Konishi Takashi)

 

森の案内人(インタープリター)であり、写真家。2000年のキープ自然学校立ち上げより15年間レンジャーとして勤務の後フリーランス。生物学や生態学だけにとらわれず、動物行動学や社会学・哲学・教育学・宗教学・アートなど、様々なアプローチで生命とつながりを見つめることを好む。八ヶ岳南麓にて汐見稔幸氏らと共に「ぐうたら村」という、持続可能な社会と保育・幼児教育を結んで考える学びの場保育を主宰。森や野原で子どもたちと過ごしながら、子どもを含む「命を巡るうまく言葉にならないこと」をテーマに写真を撮り続ける。写真やことばを雑誌などで発表するかたわら、広く保育や子育てを応援するため、全国各地でスライドショウや写真展を開催する。そらぷちキッズキャンプは、2008年より継続的に撮影。

<主な著作>
『また おこられてん』(童心社)
『みてみて!』(福音館書店)
『子どもと森へ出かけてみれば』(フレーベル館)
『子どもは子どもを生きています』(フレーベル館)
『子どもがひとり笑ったら…』(フレーベル館)
『小さな太陽〜倉橋惣三を旅する〜』(フレーベル館)

<主な共著>
『おいでよ森へ』(ダイヤモンド社)
『心をとめて森を歩く』(フレーベル館)
『子ども・子育て支援シリーズ 第3巻 子ども・子育て支援と社会づくり』(ぎょうせい)
『森と自然を活用した保育・幼児教育ガイドブック』(風鳴舎)

<Instagram>
写真家 https://www.instagram.com/konishigori/
暮らし https://www.instagram.com/konishigoritakashi/
ポール・スミザー氏との協働プロジェクトhttps://www.instagram.com/naturalgarden.rockskiyosato/

 

<Facebook>
「ぐうたら村」で検索

 

<Blog>
http://ameblo.jp/gorilla-tarou/

 

 


『 彩とりどり、冬の会 』

 

寒くなってきました。

そんな寒さをほっこりあたためてくれる、ウール・カシミヤ、木綿などのストール・マフラー。

また、手織り布のバッグや小物を展示、販売いたします。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

 

■会期期間:

2018.11.30(金)−12.5(水) 11:00−18:00 月曜定休

*12月3日(月)は定休日となります

*12月1日(土)はイベント開催のためカフェ営業は15時(LO14時半)までとなりますが、ギャラリーは18時までお入りいただけます

 

【ワークショップ】

■手縫いのつけ襟 (所沢もんぺ屋)  

・12月2日(日) 13時〜16時

・"講習費3,000円(材料費別) 要予約"

 

■ちくちく針山  

・12月1日(土)/4日(火) 13時半〜 (1時間程度)

・講習費2000円(材料費込)  各日5名

 

■オーガニックコットンのハンカチ織り 

・講習費2000円(材料費込)  

・会期中随時(1時間程度)

・ご予約優先

詳細・ご予約はFacebookをご覧ください

https://www.facebook.com/orikouboumai/

 

 


『 阿川まさ美 × 丸山可菜子 陶展 』

 

 

2人が作りだすそれぞれのかたち。

何をしよう。

何をつくろう。

何を入れよう。

そんなわくわくといっしょに家に帰ってもらえたら。

見て 触れて あなたの好きを見つけに来てください。

 

 

■展示期間:2018年11月23日(金)〜28日(水)

      11:00〜18:00、月曜定休


■プロフィール

阿川まさ美 

2014年 工房561をオープン

日野市にて作陶

HP https://koubou561.amebaownd.com/

mail  koubou561@gmail.com

 

丸山可菜子 

日野市にて作陶

mail  maru.kanako@gmail.com

 


<< | 2/15PAGES | >>