HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

暗闇カフェ 竪琴の奏でる物語

満席のため受付終了しました(6/18)

この日の暗闇カフェ演出は、ドイツ発祥の竪琴「ライアー」奏者、三野友子さん。ライアーの囁くような優しい音色と三野さんの穏やかな語り口で織り成される暗闇カフェは、夜更けに一人で大好きなラジオ番組を聴いているときのような、何ともいえない心地よさと安心感があります。毎回、満席で予約を締め切るほどの 人気です。ぜひお早めにご予約ください。

*******************
今年も夏至の日に近い金曜日の出演です。ライアーは英語とドイツ語で「竪琴」という意味の楽器です。竪琴の歴史はとっても古く、古代のメソポタミアやギリシャにまでさかのぼります。

そんな竪琴ライアーとともに今回は「竪琴の奏でる物語」と題して、古代ギリシャの曲や、バロック音楽、ケルト音楽、オリジナル曲、即興演奏など、いろいろなジャンルの曲とともに時間旅行をしていただきたいな〜と思っています。

やわらかなキャンドルの灯りの中、あわただしい日常生活から少し離れて、ライアーのやさしい音色とともにゆったりとした時間を過ごしていただけますように・・・♪

----------------------------------------------------------------------
●日 時:6月19日(金) 18:30オープン 22:00クローズ
     暗闇演出人によるライブ:20:00〜21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー
●暗闇演出人:三野友子(ライアー)

●予約申込み 満席のため受付終了しました

●暗闇演出人プロフィール:三野友子(みのともこ)

福岡県出身。8年半にわたるドイツ滞在中に、長男の通っていた現地のシュタイナー幼稚園でライアーに出会い、その奏法を学ぶ。2002年帰国後演奏活動を始める。クラシックからケルト音楽、オリジナル曲まで幅広いレパートリーを持ち、各種イベント、パーティ、サロンコンサート、胎教コンサート、病院、老人ホーム、幼稚園などでの演奏や、朗読や語りとのコラボレーションなど、さまざまな場所でやすらぎと癒しの空間を提供する演奏活動をおこなう。CD「ライアーのおくりもの」ほか6枚制作。
公式サイト 

●暗闇カフェ・よくある質問

【Q】予約した方がいいですか?
【A】回によっては満席になってしまうことがありますので、なるべくご予約をお勧めしております。お電話かメール申込みフォームで受け付けております。20:00の演奏開始後でもお入り頂けますので、お仕事帰りでもお気軽にどうぞ。

【Q】演奏を聴きながら食事はできますか?
【A】もちろんです。お酒にあうおつまみや、おいしいご飯を 各種ご用意しています。キャンドルの灯りと生演奏とともに、お昼とは違った表情のカフェスローを楽しんでください。(食事のメニューのみ20:00でラス トオーダーになります。間に合わないけど食事もしたい!というお客様は事前にご連絡ください。)

【Q】子どもを連れて行っても大丈夫?
【A】大丈夫ですよ! ベビーカーのままでも入れます。小学生以下は入場無料。音楽に興味のあるお子様には、穴澤雄介さんの100円リクエストコーナーもお勧めです! なお、オムツ替えはありますが授乳室はありませんのでご了承ください。

【Q】一人で参加しても大丈夫?
【A】はい、ご安心ください。毎回、男女年齢問わず、お一人様でのご参加も少なくありません。暗闇とキャンドルの灯りの中、いつもよりゆっくり流れる贅沢なひとときを楽しんでください。


暗闇カフェ 虹の音色・風の音 〜トゥバの音楽と横笛の夜



トゥバ共和国に伝わる古い民謡とホーメイの歌声に、東洋の横笛をのせて不思議な夜を演出します。男女によるトゥバ民謡を聞く事ができる希有なユニット тосдээр(トスデール) と、東洋の様々な横笛と鈴をあやつるソウマヒカリが、暗闇案内人としてお送りします。



トゥバってどんな国?
どんなくらしをしているの?
イギルってどんな楽器?
倍音の渦に身を任せてみたり。
不思議な夜をおたのしみください。



--------------------------------------------------------

●日 時:4月24日(金) 18:30オープン 22:00クローズ

     暗闇演出人によるライブ:20:00〜21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗闇演出人:тосдээр(トスデール)(喉歌・イギル・ドシュプルール・他) ソウマヒカリ(笛)
       
●予約申込み
メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員(着席35名)に達し次第締め切りとなります。

※当日はお席をとってお待ちしております。ご到着が20:00を過ぎる場合、ご連絡ください。

・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

●暗闇演出人プロフィール:

тосдээр(トスデール)

佐藤詩優子 (喉歌・イギル・ドシュプルール・他) / 鎌田英嗣 (喉歌・イギル・編曲)
ロシア連邦トゥバ共和国。ユーラシア大陸の中央付近に位置するこの国は、シベリア特有の複雑多様な自然と気候の中ある。東北部はタイガと呼ばれる広大な原生森林が広がり、南にはタイガ、またその向こうには乾いた大地が広がり、遊牧する民もいる。中央部は巨大な盆地ともいえ、夏の陽が落ちる瞬間、低く緩かに起伏する大地は黄金に輝く。そんな、南シベリアのトゥバの大地に伝わる古い歌と不思議な倍音歌唱ホーメイを歌う、珍しい男女のユニット。

ソウマヒカリ*笛吹き

福島県いわき市出身、10才のころ衝撃的にフルートに魅了され演奏するようになる。バロック、テクノ、フレンチポップス、ジャズ、ボサノバ、フラメンコなどを通過。その後、世界各国の民族音楽に興味を持つようになり民族楽器を多用した即興演奏を得意とする『マニャン』で様々なコラボレーションライブを展開。2013年より横笛と鈴の即興演奏でソロ活躍始動。アジアの横笛と鈴、民族楽器の音をサンプリングしながら即興演奏します。月が人に与える影響に興味を持ち、毎月満月にライブを開催しており、機会があれば自作の太陽光発電ユニットをつかっての自然エネルギーライブも行う。(フルート、篠笛、琉球笛、巴鳥、スリン、鈴)

●暗闇カフェ・よくある質問

【Q】予約した方がいいですか?
【A】回によっては満席になってしまうことがありますので、なるべくご予約をお勧めしております。お電話かメール申込みフォームで受け付けております。20:00の演奏開始後でもお入り頂けますので、お仕事帰りでもお気軽にどうぞ。

【Q】演奏を聴きながら食事はできますか?
【A】もちろんです。お酒にあうおつまみや、おいしいご飯を 各種ご用意しています。キャンドルの灯りと生演奏とともに、お昼とは違った表情のカフェスローを楽しんでください。(食事のメニューのみ20:00でラス トオーダーになります。間に合わないけど食事もしたい!というお客様は事前にご連絡ください。)

【Q】子どもを連れて行っても大丈夫?
【A】大丈夫ですよ! ベビーカーのままでも入れます。小学生以下は入場無料。音楽に興味のあるお子様には、穴澤雄介さんの100円リクエストコーナーもお勧めです! なお、オムツ替えはありますが授乳室はありませんのでご了承ください。

【Q】一人で参加しても大丈夫?
【A】はい、ご安心ください。毎回、男女年齢問わず、お一人様でのご参加も少なくありません。暗闇とキャンドルの灯りの中、いつもよりゆっくり流れる贅沢なひとときを楽しんでください。


暗闇カフェ ヴァイオリニスト穴澤雄介

毎日の暮らしの流れから、
そっと抜けだし、キャンドルを灯す。
ほっとして、
ぽっと心が温まる。
闇と光を楽しみませんか。



毎月第二金曜日は、元祖暗闇カフェ演出人(今年で14周年!)盲目のヴァイオリニスト・穴澤雄介さんの日。子どもから大人まで、幅広く愛される穴澤さん出演の暗闇カフェは、初めての方にもお勧めです。カフェスローブログでの紹介記事もぜひご覧ください。こちら  

途中に短い休憩をはさみながらの3部構成でお届けしています。第二部は毎回恒例、一曲100円のリクエストコーナー。みんな楽しみにしていますが、穴澤さんにとっては『鬼門』だそうです。

『ただし、私が演奏できれば…の話ですが』と断りつつ毎回、リクエストコーナーに進む穴澤さん。でも、演奏できる曲であれば、たとえ終了時間をオーバーし てでも必ず全部のリクエスト曲を受けて、最後まで演奏しきってくれます。そんな穴澤さんの人柄も、暗闇カフェの穏やかな空間を形作っています。

パートナーやお友達へのサプライズ曲をリクエストされる方もいらっしゃいます。思い出の曲や、一緒に観た映画の音楽、また誕生月の方は、ぜひバースデイソングもお気軽にご依頼ください!

--------------------------------------------------------
●日 時:5月8日(金)18:30オープン 22:00クローズ
     暗闇演出人によるライブ:20:00〜21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗 闇 演 出:穴澤雄介(ヴァイオリン)
       
●予約申込み
メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員(着席35名)に達し次第締め切りとなります。

※当日はお席をとってお待ちしております。ご到着が20:00を過ぎる場合、ご連絡ください。

・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

●暗闇演出人プロフィール: 穴澤雄介(ヴァイオリニスト)

1975年生まれ。千葉県出身。筑波大学附属盲学校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科を卒業。様々なジャンルのライブ演奏の他、ソニー・ミュージック・エ ンタテイメント等のスタジオレコーディングにも携わる。2007年5月23日、全曲自作自演によるCDアルバム「あの木に寄りかかって」が全国同時発売。
その他4枚のCDアルバムをリリース。演奏スタイルは実に広範囲に及ぶ。また、トークやパフォーマンスにも力を注ぐ。日本テレビ、NHK第2放送、FM岩 手、いくつかのケーブルテレビ等に過去出演。自作曲も、NHK第1放送や有線放送でオンエアされている。第43回全国盲学生音楽コンクールヴァイオリン部 門にて第2位(第1位該当者無し)、市川文化会館主催の第8回市川新人演奏会オーディションに合格(自作自演による合格者は初)。ガットギターの望月雄史 とのデュオ「Noche & Monte」は、第25回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞を、第16回舞鶴赤煉瓦ジャズ祭オーディションにて優秀賞を受賞。
ドラム&パーカッションの高木將雄とのデュオ「Dot & Line」は、東京都主催の第6回ヘブンアーティストオーディションに合格。クラシックピアノの平林三和とのデュオは、全日本演奏家協会主催の第1回東京 サミット音楽コンクールデュオ部門にて審査員賞を受賞。その他、受賞多数。ヴァイオリンを合田知子、ジム・エディガーに、作曲を松平頼暁に、パーカッショ ンをウィリー・ナガサキに師事。

オフィシャルファンクラブ・ウェブサイト こちら 
 穴澤さんの生い立ちが綴られた「年表」が充実していて読み応えがあります! 

・穴澤雄介さん出演のテレビ番組「生きるを伝える」 
こちら
 リンク先で番組を視聴できます。
ご自身のバックグラウンドを語られています。

・穴澤雄介さんの著書『見えなくなったら希望が見えた』 こちら
 企業や学校での講演内容をベースにした、穴澤さん初の著書。
 身体のハンデや経済的苦境を逆転の発想で乗り越えてきた
 穴澤さんが綴る、人生のヒントが詰まっています。




●暗闇カフェ・よくある質問

【Q】予約した方がいいですか?
【A】回によっては満席になってしまうことがありますので、なるべくご予約をお勧めしております。お電話かメール申込みフォームで受け付けております。20:00の演奏開始後でもお入り頂けますので、お仕事帰りでもお気軽にどうぞ。

【Q】演奏を聴きながら食事はできますか?
【A】もちろんです。お酒にあうおつまみや、おいしいご飯を 各種ご用意しています。キャンドルの灯りと生演奏とともに、お昼とは違った表情のカフェスローを楽しんでください。(食事のメニューのみ20:00でラス トオーダーになります。間に合わないけど食事もしたい!というお客様は事前にご連絡ください。)

【Q】子どもを連れて行っても大丈夫?
【A】大丈夫ですよ! ベビーカーのままでも入れます。小学生以下は入場無料。音楽に興味のあるお子様には、穴澤雄介さんの100円リクエストコーナーもお勧めです! なお、オムツ替えはありますが授乳室はありませんのでご了承ください。

【Q】一人で参加しても大丈夫?
【A】はい、ご安心ください。毎回、男女年齢問わず、お一人様でのご参加も少なくありません。暗闇とキャンドルの灯りの中、いつもよりゆっくり流れる贅沢なひとときを楽しんでください。


暗闇カフェ 物語食堂(ものがたりしょくどう)



ゆきとけるやまのまちから、
しじんがひとり、
ものがたりをたずさえやってくる。


以前からカフェスローと交流の深い詩人ウチダゴウが、
長野県松本市に移り住んで 5 年。

全国そして海外を行き来しながら、
町や自然、歴史、暮らし、人びとの物語を、
静かで優しく温かな言葉で詩にして発表しています。

2015 年、詩人がカフェスローに帰ってきます。

ちいさな物語を、いっしょに旅する時間です。

--------------------------------------------------------

●日 時:4月3日(金) 18:30オープン 22:00クローズ

     暗闇演出人によるライブ:20:00〜21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内
     ※この日は音楽や歌はありません。

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗闇演出人:ウチダゴウ(詩人)
       
●予約申込み
メール申込みフォーム
・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)

----------------------------------------------------------------------------------
「物語食堂」に向けて、期間限定の小さな詩のショップが
カフェスローにオープン。これまでのウチダゴウ作品を販売する他、ゴウさんが松本に暮らすなかで手がけたデザインも展示します。(3月上旬〜4月3日頃までオープン予定)

●主な販売予定商品
1)詩集『空き地の勝手』 1,000円(税込 1,080円)
2)詩集『七つの帽子 七つの詩』 700円(税込 756円)
3)Poetry Card「花の銅版画」 各 600円(税込 648円)/ 全7種
4)Poetry Poster「スコットランド七編詩」 各 3,000円(税込 3,240円)/ 全7種

----------------------------------------------------------------------------------


●物語食堂「ゆきとける 春のプレート」1,500円
ゆきとけて、土の下から芽吹きはじめる春のいのちをイメージして、一夜限りの特製メニューをご用意できることになりました。

・新じゃがと菜花のコロッケ
・葉山椒と春菊ジェノバのペンネ
・ごぼうと青梗菜の蕗味噌煮
・梅大根
・芽キャベツのグリル
・三色のおにぎり 桜の塩漬け/ほうれん草/ひたし豆
・人参のポタージュ

20食ほどの限定数のため、イベント参加申し込みの際に、プレートのご予約の有無を確認させて頂きます。売り切れの際には何卒ご容赦ください。




●暗闇演出人プロフィール:ウチダ ゴウ / Go Uchida

詩人。1983年広島生まれ。立教大学法学部卒。詩の文筆業と広告のデザイン業を主とするアトリエ「してきなしごと」を営む。絵本に『かたりべからす』、物語に『おこのもり』(2009年・2011年、発行はともにナマケモノ倶楽部)がある。2010年から、まつもと市民芸術館発行「幕があがる」にて、詩を連載。2012年に詩集『空き地の勝手』、2013年にPoetry Card「花の銅版画」、2014年に詩集『七つの帽子・七つの詩』、Poetry Poster「スコットランド七編詩」を制作。優しく温かで素直な詩を書いたかと思えば、ときに批判精神とユーモアに富んだ詩を書く、変幻自在な作風。物語性・寓意性の高い作品が多い。長野県松本市在住。
してきなしごと http://www.oo53.com



暗闇カフェ ヴァイオリニスト穴澤雄介

毎日の暮らしの流れから、
そっと抜けだし、キャンドルを灯す。
ほっとして、
ぽっと心が温まる。
闇と光を楽しみませんか。



毎月第二金曜日は、元祖暗闇カフェ演出人(今年で14周年!)盲目のヴァイオリニスト・穴澤雄介さんの日。子どもから大人まで、幅広く愛される穴澤さん出演の暗闇カフェは、初めての方にもお勧めです。カフェスローブログでの紹介記事もぜひご覧ください。こちら  

途中に短い休憩をはさみながらの3部構成でお届けしています。第二部は毎回恒例、一曲100円のリクエストコーナー。みんな楽しみにしていますが、穴澤さんにとっては『鬼門』だそうです笑

『ただし、私が演奏できれば…の話ですが』と断りつつ毎回、リクエストコーナーに進む穴澤さん。でも、演奏できる曲であれば、たとえ終了時間をオーバーし てでも必ず全部のリクエスト曲を受けて、最後まで演奏しきってくれます。そんな穴澤さんの人柄も、暗闇カフェの穏やかな空間を形作っています。

パートナーやお友達へのサプライズ曲をリクエストされる方もいらっしゃいます。思い出の曲や、一緒に観た映画の音楽、また誕生月の方は、ぜひバースデイソングもお気軽にご依頼ください!



--------------------------------------------------------
●日 時:3月13日(金)/4月10日(金)18:30オープン 22:00クローズ
     暗闇演出人によるライブ:20:00〜21:30
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,500(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗 闇 演 出:穴澤雄介(ヴァイオリン)
 ★毎月第2金曜日は穴澤さんの演出日です!(変更の場合あり)
       
●予約申込み
メール申込みフォーム
※メールでのお申込は、対応の都合上、ご希望イベント開催前日の19:00までとさせて頂きます。ご了承下さい。
※定員(着席35名)に達し次第締め切りとなります。

※当日はお席をとってお待ちしております。ご到着が20:00を過ぎる場合、ご連絡ください。

・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)
※下記項目をお知らせください。
-参加希望日とイベント名
-お名前(申込代表者)
-申込人数
-連絡先電話番号

●暗闇演出人プロフィール: 穴澤雄介(ヴァイオリニスト)

1975年生まれ。千葉県出身。筑波大学附属盲学校高等部本科音楽科、同専攻科音楽科を卒業。様々なジャンルのライブ演奏の他、ソニー・ミュージック・エ ンタテイメント等のスタジオレコーディングにも携わる。2007年5月23日、全曲自作自演によるCDアルバム「あの木に寄りかかって」が全国同時発売。
その他4枚のCDアルバムをリリース。演奏スタイルは実に広範囲に及ぶ。また、トークやパフォーマンスにも力を注ぐ。日本テレビ、NHK第2放送、FM岩 手、いくつかのケーブルテレビ等に過去出演。自作曲も、NHK第1放送や有線放送でオンエアされている。第43回全国盲学生音楽コンクールヴァイオリン部 門にて第2位(第1位該当者無し)、市川文化会館主催の第8回市川新人演奏会オーディションに合格(自作自演による合格者は初)。ガットギターの望月雄史 とのデュオ「Noche & Monte」は、第25回浅草ジャズコンテストバンド部門にて金賞を、第16回舞鶴赤煉瓦ジャズ祭オーディションにて優秀賞を受賞。
ドラム&パーカッションの高木將雄とのデュオ「Dot & Line」は、東京都主催の第6回ヘブンアーティストオーディションに合格。クラシックピアノの平林三和とのデュオは、全日本演奏家協会主催の第1回東京 サミット音楽コンクールデュオ部門にて審査員賞を受賞。その他、受賞多数。ヴァイオリンを合田知子、ジム・エディガーに、作曲を松平頼暁に、パーカッショ ンをウィリー・ナガサキに師事。

オフィシャルファンクラブ・ウェブサイト こちら 
 穴澤さんの生い立ちが綴られた「年表」が充実していて読み応えがあります! 

・穴澤雄介さん出演のテレビ番組「生きるを伝える」 
こちら
 リンク先で番組を視聴できます。
ご自身のバックグラウンドを語られています。

・穴澤雄介さんの著書『見えなくなったら希望が見えた』 こちら
 企業や学校での講演内容をベースにした、穴澤さん初の著書。
 身体のハンデや経済的苦境を逆転の発想で乗り越えてきた
 穴澤さんが綴る、人生のヒントが詰まっています。




●暗闇カフェ・よくある質問

【Q】予約した方がいいですか?
【A】回によっては満席になってしまうことがありますので、なるべくご予約をお勧めしております。お電話かメール申込みフォームで受け付けております。20:00の演奏開始後でもお入り頂けますので、お仕事帰りでもお気軽にどうぞ。

【Q】演奏を聴きながら食事はできますか?
【A】もちろんです。お酒にあうおつまみや、おいしいご飯を 各種ご用意しています。キャンドルの灯りと生演奏とともに、お昼とは違った表情のカフェスローを楽しんでください。(食事のメニューのみ20:00でラス トオーダーになります。間に合わないけど食事もしたい!というお客様は事前にご連絡ください。)

【Q】子どもを連れて行っても大丈夫?
【A】大丈夫ですよ! ベビーカーのままでも入れます。小学生以下は入場無料。音楽に興味のあるお子様には、穴澤雄介さんの100円リクエストコーナーもお勧めです! なお、オムツ替えはありますが授乳室はありませんのでご了承ください。

【Q】一人で参加しても大丈夫?
【A】はい、ご安心ください。毎回、男女年齢問わず、お一人様でのご参加も少なくありません。暗闇とキャンドルの灯りの中、いつもよりゆっくり流れる贅沢なひとときを楽しんでください。


<< | 2/2PAGES |