HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

映画『小さき声のカノン』上映会 +鎌仲ひとみ監督トーク in 国分寺

東日本大震災から、原発事故から8年目の3月11日、東京・国分寺のカフェスローにて、映画「小さき声のカノン」上映会と、その監督の鎌仲ひとみさんをお招きしてトークイベントを開催します。

 

8年経ちましたが、みなさまそれぞれ何を思うでしょうか?

 

時間の感じ方は人それぞれだと思いますが、原発事故に関してはどうでしょうか。今も引き続き様々な課題が残されています。

 

 放射線量・放射能って今どうなってるの?

 子どもたちへの甲状腺がん等への影響は?

 原発のその後処理はどうなった?

 汚染された放射性廃棄物はどうなるの?

 

当日は上映会に合わせて、監督の鎌仲ひとみさんをお招きしミニトークも行います。

テーマは「原子力防災」。少し難しく聞こえるかもしれません。

 

しかし、最近も大きな地震が全国で相次ぐ中で、

「もしまた大震災・津波により原発事故がもう一度起こった時、あなたは・わたしたちはどうする!?」という素朴な疑問があります。

そんな素朴な疑問に、3月11日の節目に今一度向き合うことができたらと思っています。

 

是非、ご一緒できたら幸いです。

■日 時
2019年3月11日(月)
18:15 開場 19:00上映 21:00 鎌仲監督トーク(21:30 閉会)

 

■会 場
カフェスロー(国分寺駅南口より徒歩5分)
東京都国分寺市東元町2-20-10

 

■参加費
1500円+ワンドリンク(500円)

 

■申込み
カフェスローまで
こちらの申し込みフォーム、またはお電話で。
https://goo.gl/forms/5M49IZEi5CYF35ZD3
Tel:042-401-8505(月曜定休)

 

■プロフィール


<映画> 小さき声のカノン

 

はじめはみんな、泣き虫なフツーのお母さんだった。

 

東京電力福島原発事故から6年。事故による影響は安全である・危険であるといった議論からこぼれ落ちる声が存在している。それは不安な気持ちを抱えたお母さんたちの声だ。
かつてチェルノブイリ原発事故を経験したベラルーシでは、子どもたちに何が起きたのか。お母さんたちはどうやって子どもを守ろうとしたのか?

福島とチェルノブイリとの時間差は25年、今なおその影響が続いていることは、実は知られていない。日本のお母さんたちと同様、不安を抱いたお母さんたちが大きな声に流されることなく、直感にしたがって子どもたちを守る道を探し続けている。

事故の衝撃に立ちすくみ、ただ困惑している時期は過ぎた。
希望を具体的につくり出す新しいステージに今、私たちは立っている。迷いながらも日本のお母さんたちが自分たちの意志で動き始めた。そんなお母さんたちの小さな声が、国境を越えて響き始める。

 

http://kamanaka.com/works/works-movie/works-theater/7056/

 

<監督> 鎌仲ひとみ (かまなかひとみ):映像作家 
 
早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。 90年文化庁の助成を受けてカナダ国立映画制作所へ。 93年からNYのペーパータイガーに参加して メディア・アクティビスト活動。 95年帰国後、主にNHKで「エンデの遺言―根源からお金を問う」など番組を多数監督。

2003年ドキュメンタリー映画「ヒバクシャー世界の終わりに」を監督。 国内外で受賞、全国400ヶ所で上映。その後 2006年「六ヶ所村ラプソディー」、2010年「ミツバチの羽音と地球の回転」も全国海外でも多数上映。 2011年度全国映連賞・監督賞受賞。2012年  、DVD「内部被ばくを生き抜く」は国内外850ヶ所で上映。2015年3月 新作「小さき声のカノン」を全国で公開。
 
多摩美術大学非常勤講師。著作に「原発のその先へ−ミツバチ革命が始まる」、「六ヶ所村ラプソディー ドキュメンタリー現在進行形」、共著に「鎌仲監督VS福島大学一年生」、「今こそ、エネルギーシフト」、「内部被曝の脅威」など。

 

http://kamanaka.com/