HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

『月夜のからくりハウス 平成まぜこぜ一座 』映画上映&東ちづるさん×汐見稔幸さんトーク

 

昨年末に開催された、小人プロレス、車椅子ダンサー、全盲の落語家、寝たきり芸人、糸あやつり人形、ドラァグクイーンなどなど... 摩訶不思議なパフォーマーたちがくりひろげる一夜限りのエンターテイメント!一般社団法人Get in touch 主催「月夜のからくりハウス〜平成MAZEKOZE一座」。

 

 

当日はそのドキュメンタリー映像上映と、

そして後半には「多様な社会」や「共に生きること」について一緒に考えていきます。

 

是非ご一緒できたら幸いです。

 

 

■舞台&ドキュメンタリー映画「月夜のからくりハウス」主催・制作:一般社団法人Get in touch

 

■日 時:2018年9月29日土曜日 18:30〜20:30/開場17:30

<当日のタイムスケジュール>

・映画上映18:30〜19:30

・休 憩 19:30〜19:45

・トーク 19:45〜20:30頃

 

■参加費:2000円/1ドリンク付

■トーク

・東ちづる(予定)/女優・一般社団法人Get in touch 理事長

・汐見稔幸/前白梅学園大学学長、東京大学名誉教授

 

■予約申込み:カフェスロー
申込みフォーム ※前日19:00まで
・電話 042-401-8505(月曜定休)

 

・・・・

 

舞台「月夜のからくりハウス」とは

 

ハイ! ぼっちゃんからおじいちゃん、 おじょうちゃんからおばあちゃんまで。 世界の話題、医学の謎、科学の神秘。 奇妙奇天烈、奇想天外、奇々怪々、一度見ておけば、 孫の代までの語り草。 さぁさぁ。 よってらっしゃい。みてらっしゃい。 なんでこーなったの?

 

★キーワードは「見世物小屋」★

むかし、むかし、ちょっとむかし。縁日で、お祭りで、サーカスで、妖しい存在感を放っていた見世物小屋。かつて見世物小屋は、大衆娯楽のひとつとして、人気を集めていました。そこでは、四肢欠損、巨人症、小人症などなど、特徴的な身体や特技をもつマイノリティたちが、スペシャルな芸を披露していたのです。 けれども、昭和50年以降「障害者を見世物にするなんて不謹慎。けしからん」という批判にさらされ、見世物小屋はタブー視されるようになり、だんだんと衰退してしまいました。 ​ ​

 

げげっ。みたくない? ★でも、魅せます!ぞくぞくさせます。★

今では、めったに見かけることがない見世物小屋。 妖しくて、背徳的で、耽美的で、めずらしくて、恐くて、おもしろくて、どこか懐かしい……。 そんな非日常的でアンダーグラウンドな世界を再現するため、「まぜこぜの社会をめざす」Get in touchは、一夜限りの「平成まぜこぜ一座」を結成。稀代のパフォーマーたちに呼びかけ、ちょっとPOPでパンクなサイドショウ(※)を展開します。 かつてTVでも放映されお茶の間でも人気を集めていた「小人プロレス」、リオ・パラリンピック閉会式で注目を集めた床をはいずりまわり縦横無尽に踊る「車椅子ダンサー」、お笑い界で唯一の「ねたきり芸人」などなど、ヴィヴィッドな個性をもつスペシャリストたちが結集。390年以上前から継承されてきた糸あやつり人形や、琵琶法師とコラボし、唯一無二のパフォーマンスを披露します。なにが起きるかわからないイリュージョン。あけてびっくりの、めくるめく世界を体験しにきてください!

 

■プロフィール

・東ちづる/あずまちづる

​ ​女優。一般社団法人Get in touch 理事長。広島県出身。会社員生活を経て芸能界へ。
ドラマから情報番組のコメンテーター、司会、講演、出版など幅広く活躍。プライベートでは骨髄バンクやドイツ平和村、障がい者アート等のボランティアを25年以上続けている。2012年10月、アートと音楽等を通じて、誰も排除しない、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指す、一般社団法人「Get in touch」を設立し、代表として活動中。

著書に、母娘で受けたカウンセリングの実録と共に綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか〜「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』や、いのち・人生・生活・世間を考えるメッセージ満載の書き下ろしエッセイ「らいふ」など多数。

 

一般社団法人「Get in touch」公式ウェブサイト こちら

 

・汐見稔幸/しおみとしゆき

東京大学名誉教授。元白梅学園大学学長。専門は教育学、教育人間学、育児学。
育児や保育を総合的な人間学と考え、また、教育学を出産・育児を含んだ人間形成の学として位置づけたいと思い、その体系化を与えられた課題と考えている。三人の子どもの育児にかかわってきて、その体験から父親の育児参加を呼びかけている。 『はじめて出会う 育児の百科』(小学館)、『よくわかる教育原理』『保育のグランドデザイン』(ともにミネルヴァ書房、編著)、『小学生 学力を伸ばす 生きる力を育てる』(主婦の友社)、『本当は怖い小学一年生』(ポプラ新書)など著書多数。

 

■主催:カフェスロー

■協力:一般社団法人「Get in touch」