HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

自然に生きることについて

 

※定員に達しました。キャンセル待ちの受付となります。 キャンセルが出次第、先着順でのご予約となります。(5/9更新)

 

アトリエ・エレマン・プレザンの絵を眺めていると、人間の心も体も自然物だということを思い出します。

アトリエ代表の佐久間さんのトークと、音楽会を企画しました。

ダウン症の人たちが絵を描くアトリエという特殊な場に居る佐久間さんの話を聴くことは、一見私達とは関係のないことに思えるかもしれませんが、

全ての人が自分の生活に持ち帰れる価値のある時間になると思っています。


自分の愛するものと対峙すること、自分の仕事をして生きていくこと、自分のもともと持っている命のリズムを大事にしながら、すべてのものやことを慈しんで生きること。

このイベントに訪れた方々が、次の日の朝目覚めた時幸せな気持ちになれるような、わくわくした力が湧いてくるような会になれば幸いです。

トークにあわせ音楽会も美しい時間になることと思います。

当日会場ではフライヤーに使われた絵が一点原画でご覧になれます、

音楽に耳を澄ましながら、是非リラックスしてお楽しみください。

様々な職業や立場の方、お待ちしております。

 

———

 

自然に生きることについて

アトリエ・エレマン・プレザン 佐久間さんを迎えて

■5月19日(土)17時半開場 18時開演 

■料金 予約3300円 当日3800円(+ワンドリンク500円)

    小学生1000円

    小さなお子さん無料(子連れOKのイベントです)

*当日は、無農薬・低農薬の季節の元気な素材を使ったご飯、お飲み物ございます。(ご料金別途)

■出演 

トーク 佐久間寛厚(アトリエ・エレマン・プレザン東京代表)

司会進行 小野木淳(焼き菓子やひとひとて

演奏 ギター 古川麦

   ピアノ 権頭真由

   パーカッション 蔡怜雄

   ダンス melek

 

■出演者プロフィール

トーク 佐久間寛厚(アトリエ・エレマン・プレザン東京代表)

〜アトリエ・エレマン・プレザンとは〜

ダウン症の人達のためのプライベートアトリエです。

ダウン症の人達は、その本質においてとても優れた資質を持っています。

アトリエでは、彼らの持つ「調和」のセンスが充分に活かされる環境を整え、

その文化を守り、社会へと発信しています。

ダウン症の人達の在り方は、人間の根源にある可能性を示すものだと考えます。

このメッセージを正しく読み解き、社会へ伝えて行くことで、心豊かで平和な

未来につながる事を願って活動を続けています。

 

古川麦  ギター

シンガー、ギタリストとしてソロで活躍する他、ceroではトランペットとコーラスを担当し、多数のライブ・録音に参加。2018年3月にP-VINEよりアルバム「シースケープ」をリリース。

 

権頭真由 ピアノ

表現(Hyogen)、3日満月、momo椿*などで作曲、演奏活動を行う他、ミュージカル「100万回生きたねこ」「羅生門」などの舞台音楽、映画音楽などの分野でも活躍。子どもたちと作る音楽サーカス「音のてらこや」主催。音楽を通して世界と対話し、あらゆる美しさに花を添えたい。

 

蔡怜雄 パーカッション

イランの楽器を中心に演奏している打楽器奏者。バークリー音楽院留学中にトンバクとダフの演奏を始める。帰国後はペルシャ音楽を中心に、日本、インド、アラブのアンサンブルにも参加している。ルーブル美術館記念コンサート、北とぴあ国際音楽祭、NHKワールドラジオ、神戸大学でのレクチャーコンサートなど各地で演奏している。

 

melek  ダンス

学生時代、アトリエ・エレマン・プレザンに軽い気持ちで見学に行き衝撃を受ける。彼らの絵を描いている姿が、あまりに自然だったため、自分も自然に生きたいな、と思い、「人間も自然の一部であること」について考え始める。その後ベリーダンサーMishaalに出会い、ダンスを始める。MishaalとNourahに師事。「森と妖精のダンス」主宰、朝日カルチャーセンター講師。

 

■予約:

※定員に達しました。キャンセル待ちの受付となります。 キャンセルが出次第、先着順でのご予約となります。(5/9更新)

・メール:カフェスロー 参加お申込みフォーム

・電話:カフェスロー: 042-401-8505(月曜定休)

*お席は全席自由席となります。


■企画 小野木淳(ひとひとて)、melek