HOME >> カフェスローに集う:イベントカレンダー



          イベント一覧へ→

暗闇カフェ「ほらだんだん」ささきりょうたwithスパンコスモ

 

カフェスロー2016年末LIVEでその歌声を会場を魅了した、ささきりょうたさんが、満を持して暗闇カフェに!

6月にリリースされたばかりのアルバム「ほらだんだん」を一緒につくりあげた熊坂(コントラバス)&スパン子(ピアノ)が紡ぐ音の中を、精いっぱいもがき、泳ぎ、時に踊るように唄います。ぜひお集まりください。

--------------------------------------------------------

 

●日 時:9月9日(土) 17:30オープン 20:30クローズ

     暗闇演出人によるライブ:18:30〜20:00
     お食事のラストオーダー:ライブスタートまで
     お飲物・デザートのラストオーダー:ライブ中の休憩時間内

●チャージ:¥1,800(1ドリンク付)+別途1オーダー

●暗闇演出人:ささきりょうた(ギター)、スパンコスモ(スパン子(ピアノ)、熊坂義人(コントラバス))
       
●予約申込み
メール申込みフォーム ※前日の19:00まで
・電話…tel: 042-401-8505(月曜定休)

●暗闇演出人プロフィール:

 

ささきりょうた(ギター、うた)

長野県在住。ハスキーな声とシンプルなギター。まるで催眠術にでもかけられたような声の世界。
その世界は 聞く人を穏やかに肯定していく。口コミでじわじわとファンが増えている。
2014年6月 音源(夜のしましま)を発表
2014、2015年リンゴ音楽祭出演ほか各地のイベント、ライブに参加
https://www.sasakiryota.com/

 

 

熊坂義人 (コントラバス奏者、作曲家)

大学卒業後コントラバス奏者としての道へ進む。
細野晴臣、忌野清志郎、坂本冬美、ハンバートハンバート、ハナレグミ、おおはた雄一、今野英明、畠山美由紀、Asa-chang、他共演多数。HONZI(vl)、スパン子(acc)と結成した「福」ではノルウェー公演を成功させる。
2009年10月頃「人生なんたるや」という答えなき謎を考え始めてしまい、以降フリーな人として活動中。同時に熊坂義人ソロプロジェクトとして毎回解散するユニット「大福」を立ち上げる。
2010年 「大福」ブルガリア公演。
2011年 【ニンゲンのする事は全て音楽だ。】と思索。
2012年 長野県大町市に移住。初の録音作品(10人編成のライブ録音)「輝ける毎日」(LP盤)を発表。
2012年〜13年 夏は 海の口キャンプ場管理人をする。人を待つという事が性分にあわない事が分かる。
2013年 冬季 地元大町の酒蔵の蔵人。つくづく職人仕事にウマが合う事が分かる。
2014年 田んぼと天体望遠鏡に興味津々。
2016年 四十肩を機に肩の力を抜くことを決意。

 

スパン子(ピアノ)  
東京都武蔵小金井出身、長野県大町市木崎湖畔在住。

ピアノ、アコーディオンの弾き語り。 
自分の住みたい場所に住み、自分のやりたいことをやると決め、2012年に木崎湖畔に移住して以来、田んぼをやり、畑をやり、

幼少から弾いていたピアノに回帰する。 
2015年夏にピアノのアルバムspannkosmo-pianoを発売。 
観る側と演る側の『側』をとりのぞき、人がそこに居るというライブ、SPANNKOSMOを各地で展開する。

熊坂出監督の映画『人狼ゲーム』『人狼ゲーム beast side』にピアノ曲を提供。

http://folkevise.net/spannko/